アイスコーン製造

見出し2

 アイスクリームコーンは、大きく分けてシュガーコーンとアイスモナカの2種類があり、弊社で主に製造・販売しているのは、主原料に小麦粉、コーンスターチを使用したアイスモナカです。
 製造方法は、まず主原料の小麦等と専用のミキサーで水と一緒に攪拌してミックス(種)を作り、180℃~200℃に熱した焼成機の成型型へミックスを投入した後2分程度焼き、検品や味覚検査等を行い製品として出荷されています。また最近ではアイスコーンを『器』に見立て、中にチョコレートやキャラメルを充填させた洋菓子風の商品や、アイスモナカをウエハース形状に焼きサンドする中身に餡子やチーズを用いた商品などにも利用されています。そのほかにも、お客さまのさまざまなご要望にお応えするアイスコーン商品を提案させていただきます。

商品
製造工程
主原料である小麦粉とコーンスターチを調味料と併せてミキサーで攪拌し十分に混ぜ合わせた後、一度落ち着かせます。   自動焼成機に取り付けられている専用の充填ノズルにて手動もしくは自動にて各焼成型に流し込んでいきます。   製品を成型していく段階ではかなりの高温となり、おおよそ1~2分程度で製品の形へ成型します。   各商品は使用用途や状況へあわせたラインナップを揃えています。
ページトップへ戻る
食べれる食器 アイスコーン製造 委託包装

▶ 詳しくはこちら
碧南市 食べれるトレー 株式会社 丸繁製菓
〒447-0813 碧南市雨池町2-25-3 TEL:0566-43-4332
食べられるお箸